まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

【雑記】義援金と支援金の違いについて

地震や豪雨など、災害後に各地で広まる募金支援。

そういった募金の輪が広がる中、地域包括支援センターとしては、『義援金詐欺』に注意しましょう!なんて啓発活動を行います。

そんな中募金といっても、『義援金』募金と『支援金』募金に違いがあることはご存知ですか?

地域のサロン活動などの中で、義援金詐欺の話を行うだけだと、少し硬い内容になってしまいます。

話をした後に、余談にもなる『違いについての話』も触れておくと、より意識をもってもらえるのでおすすめです。

義援金詐欺の講座構成はコチラ。
地震・災害後に増える『義援金詐欺』に関する予防講座

義援金・支援金の違い

義援金とは?

募金された総額を、行政が設置した義援金分配委員会を通し、被害にあわれた方へ平等に分配されるものです。

  • 利点:直接、被災者の手に届く
  • 課題:取りまとめて、平等分配するため、被災者本人の手元に届くまで時間がかかる

集めて平等分配されるので、時間がかかります。被災直後の、一番困った時期にお金が使用されないということが大きな欠点ですが、直接お金を使ってもらえるというところが良いですね。

支援金とは?

被災地で活動にあたるNPOなどの団体・機関へ届き、復興に向け利用されます。

復興に向けた取り組みについて利用するため、仮設住宅の建築、仮設トイレの設置など生活環境に利用されます。

  • 利点①:役立ててもらいたい支援団体を自ら選んで寄付できる
  • 利点②:団体の判断で使用されるため、復興に向け素早く活用できる
  • 課題:使用方法は、団体が決定する

目的は、復興に向けての使用になりますが、使用方法は団体によってさまざま。事前に寄付する団体を考えて選ばないと、自身の考えたものと異なる使途になることあるので注意です。

本当に寄付をしようと思うのなら・・・

自分の送ったお金が、どのような方法で使ってもらえるのか、募金した後の事も考えて、行ってみるのも良いと思います。

募金に対して意識を持つことが、募金支援の輪も広がり、詐欺被害の減少にもつながりますね。