まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

ジェノグラムの書き方。正しく使用して介護アセスメントの情報整理に

介護業界に限られるものでは無いですが・・・

ケアマネージャーの方は、目にすることが多いジェノグラム

なんとなくの書き方はわかっていても、内縁関係であったり、記載する順番であったり、

あれ?どっちだったっけ・・・? なんてこともあるでしょう。

さらには、病院からの看護サマリー等で、自分と書き方が違う?と違和感を覚えることもあると思います。

自身が日常的に書いている、書き方だけでなく、異なる書き方で書かれたものであっても、

すぐに理解できるように、どのような書き方があるのかも含めて見ておきましょう。

簡単な書き方をまとめてみました。

ジェノグラム?エコマップと違うの?

ジェノグラムとは

分かりやすく言えば、家系図です。家族図や家族関係図ともいいますね。

親や子、兄弟、その方々が生きているのか、亡くなっているのか、誰と一緒に住んでいるのか。

対象者を中心とした、親族の関係性を記号で表した図で、課題抽出や支援者関係者の情報整理のツールですね。

個人が使用するだけでなく、関係機関との連携・共有のツールとしても使用する機会は多いでしょう。

ただし、書き方に一応のルールはあるものの、地域や機関によって記載方法に若干のばらつきがあるんです。

エコマップとは

対象者やその家族を中心に、その周囲にある関係者や社会資源の相関関係を表した図です。

中心に、ジェノグラムを書き出し、そこから派生させて相関図を作成する場合もあるので、ジェノグラムの活用方法の1つにもなります。

エコマップについては、こちらの記事で書き方を詳しくまとめています。

ケアマネの作るエコマップの書き方。高齢者の社会資源をまとめて把握

ジェノグラム:個人の書き方

性別

男性は四角、女性はで表します。

性別がわからない時には、三角で記載することがありますね。

たまに、中に年齢を表す数字を書き入れているものも目にします。

分かりやすくて良いのかもしれませんが、誕生日を迎えるごとに、年齢を更新しなければならないので、私はあまり記入しません。

対象者:本人

ケースの対象者を表す際には、二重に書きます。

この対象者のためのジェノグラムですよ。ってことですね。

死亡・亡くなった方

 

黒塗りで記載されているケースと、バツ印をつける場合に分かれているような印象。

私は、塗りつぶします。

普段、黒塗りで表している方も、バツ印も同じ意味であることは覚えておいてくださいね。

兄弟姉妹の順番

左側から順番に記載します。

これは、結構みなさんバラバラです!!

上のように年齢が書いてあれば逆でもわかりますが、それがない時には、関係機関からいただいたジェノグラムに対して、兄弟の順番は信用していません。

改めて、家族等に確認が必須ですよ。

家族の書き方

婚姻・内縁

横に並べて線で繋げます。2本線で書いていますが、1本線の場合もあります。

内縁の場合は、この線を点線で繋げます。

波線で書く場合もありますが、見づらくなる場合があるので、私は点線が多いです。

尊属・卑属

尊属(親)を上に、卑属(子)を下に、線でつなげいきます。

兄弟がいる場合は、分岐点を付けて広げていますが、子供が一人の場合は、直線を下すだけです。

離婚

斜めに二重線を引きます。こちらも線が1本の地域もありますね。

子供がいる場合、親権によっては、線を引く位置を調整します。

親権側に子の線を残し、この場合は、お父さんの方についていったってことですね。

はっきりとした親権の有無かわからない時には、現在の関係性で線を引いたりしています。

同居の書き方

同居している家族をぐるっと囲みます。実線・点線それぞれの場合がありますね。

記号ばかりでなく、文字も

パット見た時に、家族関係が分かりやすくするためのジェノグラムですが

情報は多くあるに越したことはありません。

文字であっても、書き足せる情報は、書き足します。

使用するソフトによっては、文字が入力できないものもあるかもしれません。

その際には、印刷後に書き込んでも良いでしょう。

ジェノグラム作成をクセにする

ケアマネージャーの方々は、担当者の基本情報の中に必ず入れているものかと思います。

ですが、聞き取ったものを整理しながら、ジェノグラムを作成していくのではなく

相談の時点で、話を聞きながら、メモ紙に書き出せるように書き方に慣れておきましょうね