まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

東武動物公園は3歳超えたら楽しみいっぱい。餌やりからジェットコースター体験も

酒坊主たろく

こんにちわ!酒坊主たろく(@taroku56)です!

小さなお子様でも楽しめる2大テーマパーク遊園地と動物園を一度に両方楽しめる!

ハイブリッドレジャーランド東武動物公園

赤ちゃんのお散歩にも利用できる動物園ですが、3歳超えてくると、楽しめるものが増えてきます。

我が家では、1歳頃から連れて行っていましたが、

子供自身が積極的に楽しみはじめたのは、やはり3歳過ぎたころの印象。

園内も広いので、自由に子供が動き回っても危険は少なく、オヤツをあげたり触ってみたりの体験コーナーを満喫できるのも3歳くらいには良いのではないでしょうか?

3歳以上を条件にしている幼児向けの乗り物も多くありますので、

3歳を超えてれば遊園地・動物園を合わせて1日ゆっくり過ごせます。

東武動物公園の概要

園内マップ

遊園地と動物園という、子供の夢が両方楽しめるテーマパーク。そのためとても広い。

園内を走る、バスや列車などを上手に活用することで、お子様の疲れを軽減できます。

駐車場からも、少々歩くので、小さいうちはベビーカー必須。(園内レンタルも可能です)

園内マップをPDFで開く

駐車場

園の西側(動物園側)に約3000台収容の大型駐車場があります。

料金は、1日:1000円

遊園地側には、個人が営んでいる駐車場もありますが、台数が少なめ。料金も時期によってまちまちです。

遊園地だけが目的地となる場合には、遠くなってしまいますが、西側(動物園側)駐車場をおすすめします。

電車で行く場合は、遊園地側が最寄りになりますね。

カーナビ利用の注意点

カーナビの目的地を『東武動物公園』と入力すると、直営の駐車場の無い、遊園地側へ案内されてしまうケースがあります。

周囲の田んぼ内の農道を走らせてしまうナビもあるようですので、目的地設定に注意。

  • 東武スーパープール(東武動物園内の夏季プール)または、
  • 住所:埼玉県白岡市爪田ヶ谷425番地

と、入力することでスムーズに向かうことができます。

料金

入園料のみ
  • 大人:1700円
  • 子供(3歳~):700円
  • シニア:1000円
乗り物フリーパス付き
  • 大人:4800円
  • 子供:3700円
  • シニア:3700円

遊園地の乗り物を利用する頻度に合わせて選ぶ形になるかと思いますが、1種乗るだけでもチケットを結構消耗しますので、複数乗る場合は、フリーパスを買うことが良いと思います。

【公式】入園料金ページを見てみる

クレジットカードの利用は?

大きな店舗は、ほぼ できます!

JCB・VISA・MASTERCARD、メインどころは問題なく。その他にできるものもありますので確認ください。

使える店舗は、

  • 東ゲート
  • 西ゲート
  • G’sレストラン
  • 中央レストラン
  • ショップ(スワン・サバンナ・フラワーポット・森の店・カーニバル・リトルキャビン)

など、多くの店舗で利用可能。

食事やおみやげなど、多くの場所で利用できます。

園内の各箇所に、ケータリングワゴンが出ています。そういった小さなところでは利用できない程度。

遊園地側の乗り物チケットや動物園の乗馬・動物のオヤツ販売の自動販売機も利用不可ですね。

動物園のポイント

体験できるコーナーが多数

せっかく、動物園に行っても、子供はどんどん忘れていきます。

そんな時に、印象深く残すためには、体験してもらうこと。

酒坊主たろく

ゾウさん見たね~とか、ライオンさんみたね~
ん? 忘れちゃったよ。

ちび姫

酒坊主たろく

あう・・・(´;ω;`)ウッ…
あ、鹿さん!手、ベロベロ舐められたね!

ちび姫

酒坊主たろく

良し良し。覚えてるじゃないの

モルモットやヒヨコは、直接抱っこすることもできます。

ウサギも抱っこできるようですが、繁忙日になるとストレス軽減から触るだけになってしまいます。平日でしたら大丈夫だと思います。

ペンギンの餌あげの場合、普段は入れないペンギン場の中に入ることができますよ。

なかなか、目の前でペンギンに触れ合う機会はないので、おススメです!

ホワイトタイガー

東武動物公園のメインは、やっぱりホワイトタイガー。

なんともでかい。お食事タイムなど、肉を食べる場面は迫力がありますよ。

その隣で生活しているライオンでは、白昼堂々こんなシーンを見ることも。

この後、雌ライオンに逃げられてしまい、しょんぼりな百獣の王様でした。

遊園地のポイント

チケットはフリーパス?

入園のみのチケットだと、乗り物券をその都度買わないといけません。

お子さんの年齢が2歳頃は、フリーパスでなく、入園+乗り物1~2個分のチケット程度で済ませると費用も抑えられるかもしれません。

3歳以上は、あれこれ乗っても楽しめるので、費用は頑張って、ぜひフリーパス購入し、満喫しましょう。

幼児でも楽しめる乗り物たち

観覧車

2歳・3歳の、うちのちび姫は楽しんでいましたが、先日4歳になってから行った際には、怖い!と連呼。

それでも、フリーパスにしなくとも、これだけは乗っておきたい1台です。

広い園内を上から見下ろせます。上から見ると、ホント広い敷地だな~と実感できますよ。

メリーゴーランド

小さいお子様でも印象に残りやすい、定番アトラクションの一つ。

絵本やアニメでも、出てくることが多いアトラクションなので、後になって、『これに乗ったね』と振り返ることができます。

今回も、遊園地に行きたい!と言うより、メリーゴーランドに乗りたい!

という希望から、行き先が決定しました。

ファミリーコースターてんとう虫

3歳超えていれば、身長制限なしのジェットコースター。

なかなか経験できない、ジェットコースターデビューに、もってこいの1台ですね。

泣いちゃうかな?と思ったら、3歳になったばかりでも、楽しんで乗れていました。中には泣いている子もいたので、皆が平気という訳でもないくらい、スピードは出ていますよ。

食事・おみやげ

昼食のレストランは?

食事はレストランで食べるか、軽食で済ますかで分かれますが、休日のレストラン達は大変混むため、時間をずらす工夫が必要になります。

大きなレストランは全部で4か所

  • 西園レストラン・・・カレーやうどん、ラーメンなど基本的なレストラン
  • 中央レストラン・・・和食中心(高齢の方にもおすすめ)
  • G’sレストラン・・・バーベキューや洋食
  • セルフレストラン・・・フードコートスタイル。カレーやラーメン

その他、軽食を販売する店舗があちこちにあります。

穴場としてオススメが、『コルネさんのパンケーキハウス』レストランと言うよりは、カフェのような感じです。

ベビーカーでもゆったり入れる広さがあり、

メニューは、ピザやパンケーキ、ポテトフライや唐揚げなどのスナック系、ソフトクリームなどです。

動物園を軽く回って、観覧車に乗り、11時頃にここで軽食が、我が家の流れ。

おすすめ可愛い白トラ3兄弟

モンキーワールド近くの売店に売っている、お団子。醤油だれと、塩キャラメル味があります。

醤油だれは食べてみましたが、塩キャラメル味の団子・・・まだ未経験です。

どんな味がするんでしょう・・・?

お団子なので、小さなお子様は注意!

おみやげは?

西レストランに隣接しているお土産屋さんが一番大きく、おススメ。

パパママの職場へのお土産に最適な、小分けされたお菓子たちもさまざま。

我が家では、縫いぐるみを1つ買ってくるのが定例。大きなものは買っていませんが、だんだん数が増えてきました。

帰った後にも、目で見た動物で遊べるのが良いです。

乗馬コーナーでは、乗った馬がモデルになった縫いぐるみが各種販売されています。

写真にあるのが、初めて一人で乗れた白毛の『ポコちゃん』名前が刺繍されているので、乗った子の名前も忘れません。

次回以降、再会を楽しみに行くことができますね。

さいごに

広いので、1日ゆっくり過ごすペースで行くのがオススメ。

電車でのアクセスも良いのですが、遊び終わったら、車の中でゆっくりお昼寝ができる環境が、小さいお子様には良いと思いますよ。

お子様の、テーマパークデビューに是非行ってみてください。