まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

売店がない?コバトンの森【しらこばと水上公園のアスレチック】お弁当を持って遊びに行こう

埼玉県の市営屋外プールしらこばと水上公園に隣接され、誕生したコバトンの森

大きなアスレチック遊具を持つ公園です。

越谷市とさいたま市の境にあり、気軽に行ける近所の公園と言うよりは、レジャーシートや小テントを用意して、車で向かいたい特別な場所

アスレチック遊具だけでなく、サイクリングロードや広い芝生もあるので、自転車に乗ったり、ボールやバドミントンなど、幅広く遊ぶことができます。

水上公園側と違って、入園も駐車場も無料で利用可能。

どんな遊具があるのか、利用する際の注意点は?まとめて紹介します。

コバトンの森にある遊具たち

コバトンアドベンチャー

【6歳~12歳が対象】とされている、コバトンの森のメインはこちら。

登ったり降りたり、いろいろなアスレチック遊具の複合体です。

大小さまざまな種類の滑り台もついていますし、滑るために登る手段もさまざま。

中でも目玉は、ロング滑り台。

30m~40mくらいあるのでしょうか?滑り台のスタートでは順番待ちの列になっています。

子供を抱えて一緒に滑ることもできます。欠点は、大人が滑るとお尻が痛い!

子供は気にならないのが不思議です。

にぎわいの水辺

【3歳~6歳が対象】とされている幼児向けの遊具です。

こちらも、あちこちから登れたり滑り台も多くあったり、まさにコバトンアドベンチャーの幼児版

登ることが苦手な子や、上にあがったものの吊り橋途中で止まってしまったり、時々渋滞が起きています。

高さを感じられる遊具になれるための、アスレチックデビューにはちょうど良い難易度なのではないでしょうか。

砂場

写真を撮った時は、時間が早くネットが張られていました。

普段は、自由に使える砂場。それほど広いわけではないですね。

ですが、こういった場所で遊ぶと、子供って初対面でも一緒に遊べるので子供って凄いですよね。

酒坊主たろく

コミュ障の私と大違い!

砂場グッズには、しっかり名前を書いて持ち込みましょう。

近隣のホームセンターや100均などでそろえた場合、かなりの確率で、同じものを持った子が現れますよ!

かめのこドーム

亀の形をしたドームの中に、低反発のトランポリンのような遊具が入っています。

不思議な地面の感触を味わうため、休日は賑わっていますよ。

ランニング・サイクリングコース

公園の周囲を、ランニングコースとサイクリングコースが並行して囲っています。

かけっこの練習をする子や、ストライダーを爆走する子、スケボーのような遊具で遊ぶ子などさまざま。

駐車場から、遊具に向かって歩く時も、芝生を突き抜けるよりも、歩きやすくて便利です。

休憩スペースは?

当初は、周りに休憩スペースはありませんでしたが、最近、新しく屋根付きの休憩スペースができました。

ただし、テーブル数が、少ししかないのが残念。

早い時間に行くことができ、確保ができれば良いところです。この公園の1つの欠点は、日影がないところですからね。

休憩拠点を設けて、日よけをし、休みながら遊ぶ場合には、このような簡易テントが必須

天気の良い休日には、テントも大変混みあいます。

それでも芝生スペースは、大変広いのでテントを立てる場所がないということにはなりませんので安心ですよ。

食べ物を売っているお店は?

休日などには、ケータリングワゴンもでたりしますが、

クレープ、ソフトクリーム、かき氷など。加えて、なぜかフランクフルトが売っているくらい。

お昼ご飯も、ここで食べながら過ごす場合には、お弁当の持参が必須ですね。

テント内には、お弁当持ち込みで食べてる家族が沢山います。

自動販売機は何台かありますから、ワゴンが出ていない時でも水分補給は安心。

混雑を避けて遊ぶには?

平日は、問題ないと思います。

天気の良い休日は、自由に遊ぶには大変な混雑具合。

8時頃に隣接駐車場が開放するので、早く行くか夕方に行くかが良いとも思いますが。

お昼頃の時間を狙って行くのも、家に帰ってご飯を食べる人たちとの入れ替わりチャンス。

お昼ご飯を、持っていき園内で食べるつもりで、遊びに行くと比較的自由に遊べます。