まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

高齢者世帯の住環境整備。いざという時に備えて、元気なうちから。

離れて住んでいる両親、いざという時に、すぐに駆け付けられなかったり、

本人たちが、家族への連絡を遠慮してしまい、後になって知ることになったり、

今は、元気に暮らしていても、一度の転倒や、小さな病気が原因で生活状況がガラリと変わるのが高齢者の生活です。

久しぶりに実家に会った時、両親に老いを感じたことはありませんか?

年だから仕方がないとほっておくと、

もっと早くしておけば良かった・・・にならないよう、備えアイテムを紹介します。

いざという時の備えアイテム

キーボックス

1人暮らしで住んでいると、家の中で倒れた際、動けなくなった際、ドアが施錠してあると、外からの救出が困難になります。

連絡が取れず、安否確認だけでも。と言う時も同様です。

救急隊を呼んでも、窓ガラスを割って入るしか手段がありません。

近所の人や地域包括などに、様子だけでも見てもらいたい時、鍵が準備してあると、初期対応はスムーズになります。

一度番号を伝えてしまっても、暗証番号を変更することは可能。番号を変更し、再度設置をすればOKです。

設置の際は、取り外しが容易にできない場所。人目につかない場所を選びましょう。

まだまだ、元気だから杖なんて使わない!そんな方にも、杖の準備だけは、しておきましょう。

転んだ際の打撲や捻挫で、一時的に歩行が困難となる場合もあります。

杖の代わりに、傘や掃除機のパイプ部分を使う方も稀にいますが、不安定であり、転倒を繰り返す恐れがあります。

そんな、いざという時の備えの1本です。

安定性を求めるなら、杖先が1本のものより、4点の杖。

と言っても、4点杖のデメリットもあります。1本が良いか、4本が良いのかは、こちらの記事をを参考下さい。

【介護知識】高齢者の転倒予防必需品!杖の違いと正しい種類の選び方

オムツ

常時使うわけでなくとも、予備で1袋は用意しておきましょう。

杖の場面でも伝えましたが、一度の転倒で歩行が難しくなった際に、トイレに行くことも困難になります。

一時的にでもオムツに頼るべき時が来た際には、自身でオムツを買いに行くこともできなくなっていることでしょう。

そんな時のために、予備のオムツ一袋です。

一袋が準備されていれば、しばらく使用が続くことになっても、使い切る前に家族が届けたりすることで、補充をすることが可能です。

あると安心アイテム

シャワーチェアー

お風呂の椅子は、どんなものをお使いですか?

こういったものは、コンパクトで便利ですが、高さが低く、立ち上がる際の負担、座る際の負担が大きいです。

高齢者用のシャワーチェアーは、高さ調整ができ、背もたれがあり、肘置きもあります。

立ち座りのしやすい高さ、座っている間も安定する背もたれ、立ち上がりの際に便利な肘置き。

今は、まだまだ元気だと感じていても、準備しておくことが大事です。

浴槽マット

お風呂で滑って転倒。高齢者の転倒場所で多いのが浴室です。

その予防に滑り止めマット。

浴槽の中に沈めたり、洗い場に敷くだけ。ね?簡単でしょ?

【講師・介護知識】介護予防教室(高齢者入浴の注意)ヒートショックって何?

見守り兼ねた、配食サービス

食事の準備や買い物、負担が増えてきたときに、お弁当を届けてくれて、届けた際には手渡しで安否確認。

それが『配食サービス』 「ワタミの宅食」
などは、CMでもおなじみですね。

見守りにも使える。高齢者のお弁当の宅配・配食サービスの選び方・注意点

地域包括支援センターの活用

『地域包括支援センター』はご存知ですか?高齢者の生活全般について、相談窓口は『地域包括支援センター』

今は、まだまだ介護はいらないけど、見守りをして欲しい。

介護予防のために、何かできる教室はないか。介護予防の取り組みの提案。

元気なうちから、取り組める情報もありますし、既に生活が大変になってきた方に支援についても相談をすることができます。

地域包括支援センターは、どんなところ?こちらの記事を参考に。

地域包括支援センターとは何なのか知っていますか?概要を簡単に説明します。

最期に

今すぐ必要と言うわけでないにせよ、いざという時のための準備です。

高齢者の身体状態は、突然変化します。

事前に準備をし、困ったときには『地域包括支援センター』の活用を!