まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

【介護知識】高齢者への「基本チェックリスト」って何?

「基本チェックリスト」聞いたことはありますか?

厚生労働省で作成された、

身体・生活状況から予防支援の必要性について

スクリーニング検査をするための指標です。

基本チェックリストの活用

地域包括支援センターや市町村の担当課にて実施活用され

主に65歳以上の高齢者を対象に、実施します。

身体状態の低下や、日常生活の不安を判定し、介護予防の観点から

総合事業と呼ばれる介護予防に関するサービス利用に繋げていきます。

 

自治体によっては、検診の通知の中に同封されているなどし、

セルフチェックにて判定できる所もあります。

基本チェックリストどんなことを調べるの?

実際には25項目あり、各分野ごとの点数や、総合点数などから、

どの分野に注意が必要かなどを測定します。

下記は、その一部です。

 

身体面

1人で、バス・電車等の公共交通機関を利用できるか。

徒歩で、どれくらいの時間が歩けるか。

最近、転倒をしたか。

また、転倒をしていなくとも、普段自身の身体状態に転倒の不安を感じるか。

 

栄養・口腔

体重の増減はあったか

BMIがどれくらいか? 【 BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) 】

固いものを食べる際、食べにくくはないか

汁物で、むせ込みはないか

 

閉じこもり

週にどれくらい外出をするか。

その外出頻度は、昨年より減っていないか。

友人の家を訪ねたり、家族との交流等はあるか

 

認知症

自身で電話番号を調べ、かけることができるか。

今日の日付が、何月何日かわからないことはあるか。

 

うつ病気

ここ最近、楽しんでいたことを楽しめなく感じることはないか

ここ最近、わけもなく、疲れたような感じがすることはないか

 

 

まずは自分でやってみましょう。

市役所などの高齢者・介護担当課や地域包括支援センターにて用紙はもらうことができます。

ここでも公開。

やってみよう。基本チェックリスト(判定表付)

 

ご自身でも、ご家族でも、

基本チェックリストは、一つの目安ですが、

今のままで問題がないのか、何か予防の視点で動き始めるべきなのか

参考にしていただければと思います。