まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

一緒に料理で子供の好き嫌いを減らす『自宅でできる食育』保育園などでも実施中

うちの子、ご飯をなかなか食べなくて・・・』これは、多くのパパ・ママの悩みですよね。

ちび姫

パパのご飯が不味いんだよ~

そして、うちのちび姫は、食わず嫌いも多いです。

最初の一口さえ食べてしまえモリモリ食べるのに、一口までが大変。もったいないなぁ~とも思います。

私の料理が不味いことは別として、食べ物の関心を持つことで、食べる意欲も増します。

食ベ物への関心を持ってもらう対策は、出来上がった料理ではなく、料理ができる前の状態に触れたり、一緒に作ることが一番。

  • 2歳~3歳は、素材に触れる。
  • 4~5歳は、一緒に作る。

少しずつ、こんなことをしてきたら、我が家は徐々に改善してきています。

通っている保育園でも『食育活動』として、さまざまな取り組みをしていただいているので、合わせて助かっています。

乾物が戻る不思議

 

  • ヒジキ
  • ワカメ
  • キクラゲ

カチカチの乾物食材。これが水に入れておくだけで柔らかくなりますよね。

子供からしたら、魔法です。

まずは、カチカチの状態の物を触ってもらったり、歯で噛んでもらったり、それが水に入れてからの変化をまた触ってもらいましょう。

小さいお子様からできますし、手軽に短時間で行えます。海藻嫌いのお子様には、まずここからやっていきましょう。

野菜の皮むき

  • トウモロコシ
  • 玉ねぎ

普段食べている野菜は、皮をむいた後の状態。

実際に料理の一工程を、お子様たちにやってもらいましょう。

とうもろこし玉ねぎがおすすめ。どちらもバナナと同じように剥いていくだけです。

ある程度年齢が上がってくると、ピーラーも使えるかもしれませんが、低年齢の子には危険器具を使わずに、手で剥けるものが良いと思います。

玉ねぎは普段の料理でも使用頻度が高いので、覚えてしまうと毎回『手伝う!』とせがまれてしまいます。

とうもろこしぐらいが、たまに出てくる食材として良いかもしれませんが、季節ものなので手に入らない時期があることが欠点。

切ってみる実践

この辺は、包丁を正しく使える年齢になってからです。我が家(4歳)は最近包丁を購入し始めてみました。

包丁の練習におすすめの食材は

  • 魚肉ソーセージ
  • バナナ等果物
  • 豆腐

柔らかく、切りやすい食材を選びましょう。

包丁が危険であることが、十分理解できる年齢になっていることが良いです。おもちゃのように扱われてしまうと、周囲のパパママも危険ですから。

実際に切る際には、基本的な切り方を教えるのは大切。でも、やる気・関心をもってもらうことが趣旨ですから、あまり厳しくしないで楽しみながらです。

『猫の手になってない!』なんて言わずに、猫の手も大事ですが、徐々に行きましょう。

初めての包丁の選び方と、使用の注意についてまとめた記事はこちら。

4歳の挑戦。初めての包丁は何歳から?選び方と使用の注意点

一緒に作ってみよう

一から全部を作ってもらうのは、小学生以降で十分です。

調理工程の一部分を行ってもらったり、見ているだけでも、料理が突然できる魔法ではないことを知ってもらえますね。

  • 餃子
  • ハンバーグ
  • クッキー
  • フルーチェ
  • ホットケーキ

混ぜる作業や包む作業などは、小さくても行えます。

手ごろなサイズのスプーンを渡してその分だけ丸めてもらったり、皮に乗せたり、難しい作業ではありません。

餃子やハンバーグは、綺麗には作れません。それでもボロボロのハンバーグでも自分で作ったものは喜んで食べています。

なんでも手直しして、別物に作り替えず、自分の分はそのまま食べてもらうと良いですね。

クッキーやホットケーキなどのお菓子は、もともと関心が高いので、挑戦しやすいです。好き嫌い克服という訳ではありませんがね。休日に、娘とのお菓子作りは楽しいです。

お菓子作りは面倒と思われがちですが、クッキーは混ぜるだけ作成キットも売って行ってます。

必要な材料もこれだけ。ボールに入れて混ぜるだけです。(ストロングゼロはパパのエナジードリンク)

実際の作業工程についても

  1. ボールに材料を入れる工程
  2. 混ぜる工程
  3. 伸ばす工程
  4. 型抜きの工程

最後は、2人でオーブンで焼けるのをじーっと眺めていくだけ。おおよそ全ての工程を一緒にに行うことができます。

オーブンの出し入れさえ、パパママが気を付けて行えば、調理中に危険もないです。

市販されているものと違って、シンプルな出来上がりですが、形も自由に作れて料理作りのきっかけにお菓子作りはおすすめ。

絵本の定番『しろくまちゃんのほっとけーき

絵でホットケーキの作り方が描かれています。絵本を読みながら料理に触れることができます。

自分で読めるようになると、読んでるうちに手順を覚えてくれます。

フライパンで作るのが定番かもしれませんが、ホットプレートを利用し、テーブルで見えるところで作ったりするのも楽しいですね。



番外編:パプリカ効果

流行り歌の影響力はすごいです。

Foorin』という小学生ユニットが歌う、米須玄師さん作詞作曲の『パプリカ

NHKでもよく流れ、保育園でダンスも覚えてきた娘。それと同じ『パプリカ』は良く食べたがります。

次は、『にんじん』とか『かぼちゃ』なんて歌を作って欲しい(娘の嫌いなもの)

食育遊びのまとめ

とにかく、出来上がったものを『さぁ食べなさい』だけではなく、一緒に作る・出来上がる前を見てもらうことがポイント。

これを行っていくと、食事への関心は高まります。

実際には、食事作りの前に毎回やっていくと時間も掛かります。うちも共働きなので、手短に料理は作りたい方です。

休日のイベントとして、徐々に実践していきましょう。