当サイトおすすめ『転職支援サイト』ランキング 

【円満退職】ケアマネージャーの退職理由:ウソをつく?正直に言う?

退職を考えた時、法人に伝える『退職理由』って悩みますよね?

角を立てずに、いかにスムーズに辞められるか。

今後もケアマネージャーの業務を続けていくのであれば、多くの方は、これまで働いていた関係性を活かしていけるような同じ業務範囲の地域で働くことを希望するのではないかと思います。

所属していた事業所が、訪問・通所・施設など、介護事業を広く行っている場合、介護サービス調整等で今後も関わっていく可能性がありますよね。

理由選定のポイントは?
  • 引き止められずにスムーズに辞められる
  • 退職後の関りも良好に継続できる

自分が使ったものや、巣立っていった方々が言ったものから、円満退職に繋がる退職理由を考えてみました。

嘘つく場合

  • 家業を手伝う
  • 引っ越し
  • 夫や妻の転勤
  • 大病を患った

おすすめしにくい退職理由になりますが、辞める理由としては、引き止められる心配もなく、相手方も『仕方ないよね』とあっさり了承してくれる理由です。

もちろん本当にこれらに該当する場合は問題ないですが、嘘でやめた場合、退職後にサービス調整等で関わることになったら即バレてしまう危険な理由。

とにかく辞められることが最優先!という場合に限ったほうが良い退職理由ですね。

  • 親の介護

噓であっても、『親の介護』を理由にするケースは、最近増えてきています。

デメリットとしては、『介護しながらでも働けるよ』『所属・配置転換すれば良いさ』等、無駄に引き止める理由を相手に与えてしまいます。

引き止められない自信や、引き止められても上手くかわせる技術がある際の退職理由です。

この理由の場合であれば、退職後サービス事業所として関ることになっても、空いた時間で働いているなど、言い訳としての逃げ道も残りますね。

交渉を兼ねた退職理由

  • 給料少ない。
  • 時間に融通がつくほうが良い
  • 職場内の不満

嘘であれ、ホントであれ、言ったところで事業所側が、どうにも出来ない理由を挙げてしまうことです。これを言う際には、『もしかしたら残留もありかな?』といった、退職を取りやめる可能性がある際に使うべきです。

どうにも出来ないと思って伝えた理由でも、あなた自身の価値があればあるほど、会社も手元に残したく交渉をしてくるはずです。

給料少ないからという退職理由を伝えて、給料の増額を提案されたら、辞める理由が弱くなってしまいます。

その他の理由も同様で、叶えてくれたらラッキーと思えて、残留を受け止められる余裕がある場合には良いと思います。絶対にやめたい!には不向きですね。

繰り返しこの手段を使って、給料引き上げをしていくのは止めましょう。

無難な退職理由

  • 別の事業所をみてみたい
  • 別の種類の介護業種に移りたい
  • ケアマネ業が合わない

ケアマネ事業所の職員に、ケアマネ業が合わないと言われると、事業所はどうしようもないです。『フォローするから頑張ろう。』くらいは言われるのでしょうか。

別の事業所や別の業種を言われても、対応のしようがないですからね。(系列事業所持ちの法人は別)

角を立てることなく、引き止められる心配も少ない辞め方はこう言ったところです。

病気の理由

  • もう働くのが難しい
  • 働きたいけど、今の状況では無理

退職理由に使うには、辞めたいのか・辞めたくないけど辞めざるをえないのか。この2点で分かれるところ。

本当に辞めたい場合には、ある程度病気の内容を伝える必要があります。

継続勤務の希望があるのであれば、一時療養として休業期間を設けることや、勤務内容の見直しなどの交渉に繋げていくことも可能な範囲ですね。

言いたいこと、言って辞める。

私が一番好きなのはこれ。

辞めると決めた以上、辞める時ぐらい言いたいことを言えば良いんじゃないかなと思っています。おすすめはしません。

自分自身がすっきりしていても、その後サービス調整で関わる際には相手からしたら良い印象は残っていません。退職後、異なる地域でケアマネージャーを行うつもりであれば安心ですね。

所属していた事業所や、系列事業所には落ち度がなく、法人上層部に不満がある場合、普段なかなか伝えられない不満をを退職理由に乗せて投げつける場合には良いかもしれません。

おおよそ上層部は、『改善する!』と言ってくるでしょうけど。あてにはなりません。

この場合は、退職後にサービス事業所として関わることになっても、それほど支障はありませんね。

『法人の考えが変わり、残された職員の勤務環境が良くなるかもしれない』といった希望も持てますね。(おそらく変わりませんが・・・

結局、一番良い退職理由は

正直に言う。

退職を考える以上、それに踏み切った大きな理由があるはずです。それを伝えていくことが真っ当な辞め方。

むしろ、揺れている心境であれば、安易に『退職する』を口に出してはいけません。相談・提案といった形で改善点や要望を伝えていきましょう。

退職理由で、下手に嘘ついて辞めてしまうと、のちのち自分の活動範囲を狭めることになります。

不満などを伝え、改善策を提示されたとき、退職か残留かを選ぶのかを考えたうえで望みましょう。

ケアマネの転職探しで悩んだら

就職先で悩んだら、転職支援サイトの活用がおすすめ。ハローワークやフリーペーパーに載らないような求人情報も持っていることもあります。

担当アドバイザーについてもらえば、面接のサポートや待遇交渉もお願いできます。

あなたにとって、どのような勤務地が合っているのか、広い視野から探してもらえますよ。

おすすめ転職支援サイト1位:きらケア介護求人


業界就職に特化した担当アドバイザーが熱い!【きらケア】ですね。

施設内の人間関係や評判など、一般の求人票ではわからない情報の収集だけでなく、自身では行いずらい待遇交渉などまで、アドバイザーがサポートしてくれます。

 

第二位:介護JJ(グッドジョブ)



嬉しい転職支援金が、最大20万円貰えることがありがたい転職サイト。施設側から貰う成功報酬の一部を利用者に還元してくれるのです。

転職が決定した際の自分へのご褒美として、就職前の旅行にだって行けちゃいます。

『女性』の転職にも力を入れており、女性目線でのアドバイス・サポートが受けられるのは大きな強みですね。

日本全国対応。地方在住者の転職の強い味方です。