まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

【民生委員・地域向け】高齢者の地域見守り活動についての講座構成

こちらも民生委員や自治会等、地域関係者からの依頼が多いテーマの一つです。

見守り活動について講座を開く際、講座と言うよりは、地域包括からの見守りののお願いというスタンスで開くことが、その後の活動に役立ててくれると思います。

新たに民生委員になった方が多い地域や、地域のボランティア団体に対し、日常の生活の中に見守り活動を落とし込み、地域包括とどのような場面でに連携をとっていく必要があるかを伝えていくことが大切。

地域住民と地域包括間において、直接支援が必要な方に対しての連携力が深まります。

このテーマは上手に行うと、地域の方が地域包括の大きな戦力となり、地域包括支援センター業務を円滑に行う手助けをしてくれると思います。

自らの協力者を増やしていくため、見守り活動において、どんな部分を伝えていけば良いのかまとめてみました。

見守り活動に関する講座の構成

①見守り活動の必要性 (10~15分)

見守りの必要性の話をする際には、地域包括ケアシステムについて触れながら話をしていくことが良いでしょう。

地域づくりの主役が地域住民であることを伝え、

見守りの強化をすることで、認知症や介護が必要な状態でも住み続けられる、地域づくりの土台強化につながります。

②見守り活動での気づきポイント(10分)

地域ケアシステムの説明を通し、地域の力による見守り活動の必要性を伝えた後、実際に見守り活動を行う際に、注意してみて欲しいポイントについて触れていきます。

  • ご本人の様子
  • ご家族の様子
  • 周囲からわかる、建物
  • その家に出入りする人の様子

また対象者に合わせ、宅配系のサービス業者や医療機関の受診時等を想定して伝えます。

気づきポイントについては、口頭で話しても、注意点が多く、講座の後には抜けてしまいやすいところです。

そこで、PDF版のチェックリストをご用意しました。

地域見守り活動で注意してほしいポイントリスト PDFデータ

このまま使用していただいても構いません。

このようなチェックリストを見てもらいながら説明し、実際の見守り活動にも役立ててもらうとわかりやすいでしょう。

③気づいた時の連絡先・相談先(5分)

気づいた際の相談先、もちろん地域包括支援センターです。

ただ『何かあったら、地域包括に連絡してください。』と、伝えるだけでなく

こんなケースには、こんな風に対応していきます』なんていう事例場面を想定して、提案できると良いでしょう。

地域からの協力を得るために。

『見守りお願いします。』

と、一方的な依頼では、相手方も面倒な仕事が増えるだけだと、協力には消極的です。

地域課題を訴え、その活動が解決に役立ち、地域づくりの実現に必要であることを伝え、地域地域包括が、お互いにメリットが出ることを伝えましょう。