まったり地域包括『公式LINEスタンプ』発売中!! 

地震・災害後に増える『義援金詐欺』に関する予防講座

最近、地震や豪雨災害などが続き、『義援金詐欺』と呼ばれる詐欺が増えてきています。

今回は、それを予防するためのプチ講座の紹介です。

権利擁護が絡んでくる分野なので、社会福祉士さんの出番となる内容ですね。

詐欺や消費者被害の説明は堅苦しく話すと、つまらない話になってしまいます。

サロンなどで楽しんでいるところにお邪魔して話す場合は、場をシラケさせてしまわないように、笑いを交えて行えると良いですね。

『義援金詐欺』と言う言葉に聞き慣れない方も多くいます。詐欺の手口を、寸劇や一人二役の語りで行っていきましょう。

義援金詐欺のポイント

義援金詐欺について伝える際のポイントは、

  • その時々の時事問題に合わせ、ウソかホントか分かりにくい内容で入ってくること。
  • 1口あたり少額(払いやすい金額)を狙い、ウソかホントか良くわからないけど『それくらいなら、まぁいいか』と思わせる手ごろな金額を提示してくること。
  • ウソだと気づいても、額も小さいので事件にするほどのことでもないと、被害者の心の中で済まされてしまうこと

主に、募金活動でやってきます。

寄付を装って、自宅に集金に回ります。被害防止で、難しいのは、本当の募金と思い込みやすいこと。

義援金詐欺手口

【チャイム】ピンポーン

悪い人

おばあちゃん

はいはい。どちらさまですか?
酒呑市の災害支援団体です。先日の、西日本震災の募金で回っています。1口3000円なんですが、お願いします。

悪い人

おばあちゃん

あらあら、大変な震災でしたものね。
うちも楽なわけじゃないけど、役に立つなら・・・
ありがとうございました~

悪い人

チョロイもんだ。
あの家は金払いが良いな。他の仲間にも教えてやろう。

悪い人

義援金詐欺の注意点

そう言っても、本当の募金じゃないの?

行政機関や公共の団体は、自宅に直接、電話依頼や訪問での寄付を求めることはありません。

そもそも、に募金お願いしますと来た時点で、ほぼ詐欺です

少しなら寄付しようかしら。と、思う気持ちがあれば自ら行動して、募金箱や団体への送金により、寄付は行わなければなりません。

 

被害額も少額となりやすいため、説明をしても、そうなったら運が悪かっただけだ。

とあまり真剣にとらえない方も多くいます。

今回は、少額であっても、一度騙されてしまうと、あの家は、また狙えると、様々な詐欺の標的になってしまう恐れがあることを伝え、注意の意識を高めてください。

ちなみに義援金と支援金の違いって?

地域包括支援センター業務として、詐欺被害防止の啓発講話を行う際の小ネタです。

なかなか、聞いてくれた方の反応が良いので詐欺被害防止の啓発活動を行う際には、使ってみてください。

【雑記】義援金と支援金の違いについて